ホーム
マイアカウント
お問い合わせ
【魔法書】黄金の夜明けのシビュレの書





鎖で封印された謎の古文書…

『魔法書』ペンダントシリーズ


錠のない鎖で固く固く禁じられ、

何も語る事のない謎の古文書。

果たしてそこに秘められた知識とは?

《補足》

「シビュレ」とは、大昔に実在した神秘の文明・ローマ帝国で
“甘い蒸気”に包まれた神殿にあり、アポロンの神託を告げていた巫女達のこと。
彼女たちの予言は、国政に非常に重要視されていました。

こんな逸話が伝えられています。
ある時代のローマ帝王をひとりのシビュレが訪ね、
9冊の預言書を大変な高額で売ると言います。

帝王が断ると、シビュレはその内の3冊を火に投じ、
残りの6冊を同じ値段で売ると言います。

それでも帝王が断ると、シビュレはさらに3冊を火に投じて
同額で残りの3冊を売ると言いました。

帝王はついに言い値でこの3冊を買い取り、
預言書はユピテル神殿に納められることとなります。

歴史上に無数に存在したというシビュレの書ですが、
その多くが時間と共に失われてしまい、
当店がようやく入手できたこちらも、
多くの著者によって編纂に編纂を重ねられた
ツギハギのような書ではありますが、
現代社会の暗雲を晴らすヒントが、
何か残されているかもしれません。


**********************


数量限定★豪華版・魔法書ペンダント

本のサイズ/約4cm×3cm
チェーンの長さ/50cm+アジャスター5cm
※本はページを開くことはできません。イメージ違いにご注意下さい。
※表紙のアクリルストーンは、美しい物を厳選して使用しておりますが
表面・内部にある細かいキズは初期仕様となりますので予めご了承下さい。
※手作りのお品のため、色合いや柄の出方など写真とは若干異なる場合があります。
また、表紙のわずかな色のよれや剥げ、照かりは、
インクの性質上避けられないものすので何卒ご容赦下さい。


**********************




〜豆本のまほう〜

その昔中国で、合格すれば名誉も財産も美しい妻も思いのままと言われた
「科挙」という官吏登用試験がありました。
その難しい試験には、衣服に「豆本」を縫い込んで受験すると合格できる!
というジンクスがあり、この話は現代にまで伝わって、
「豆本」を身につけると幸せが訪れると言われています。


型番 book201711_01
販売価格

5,200円(内税)

購入数
up down